地方の大学生へ

前項までに昔と今の違いや、人気の理由を示しましたが、 これは全国統一の見解ではありません。有名大学がある都市での話です。 現在、全国には様々な大学が点在します。前に示したようにその数は多く、 定員割れを起こすほどに多くの大学があります。 ですがそれは一部の都市に集中しているのではありません。 有名大学が近くにない地方では、 その地方の大学生を家庭教師を雇うことがしないのでしょうか? 結論から申しますと、一部ではイエス、一部ではノーです。

有名大学に受験させるための家庭教師には、 その大学よりレベルが落ちる大学出身の家庭教師を雇うには抵抗があります。 ですが受験勉強はなにも大学だけではありません。 高校受験もあれば中学受験もあります。 そのための家庭教師というのは募集され続けているのです。 ただ受験年齢が下がるほど、教える学力は下がりますが、コミュ力は高くなります。

高校生となると精神的に大人に近いですが、 年齢が下がると子供、つまり精神年齢も幼くなります。 集中力が続かなかったり、話を聞かない子も増えてきますので、 大人と付合うとは別の意味でのコミュ力が必要になってきます。 地方都市では希望大学により家庭教師に向かないかもしれないという意味でイエスであり、 中学、高校受験の家庭教師はできるということでノーということになるのです。

人気の理由

前項で家庭教師は大学生

詳しくみる…

地方の大学生へ

前項までに昔と今の違いや

詳しくみる…